ブログトップ

milestone Cafe

yoshiho.exblog.jp

MILESTONE ART WORKSの近況とお知らせです。 

疲労による発熱

c0084954_15373497.jpg「疲労による発熱」ってあるんですね〜。はじめて経験しました。春から定休日ともなると実家の農作業をこなし、県外出張有り等といった具合で休みらしい休みをとっていなかったなあと反省。車往復1000キロを日帰りした翌夜中、突然の身体全身の痛みが始まり、もっていきようのない身体の痛みに一日中苦しむことになった。風邪薬とか鎮痛剤とか結構効くよ、といわれ帰宅後試してみる事にしたわけで〜。ちょっと熱も計ってみるかと試してみると、え?37.7度。熱あるんだ・・・。基礎体温が35度代と低めのため、かなりキツい。これって熱による関節痛?咽も咳も関係ないし風邪ではないだろう。まあとにかく風邪薬を飲んでみる。安静第一、熱には汗。こんもりと布団をかぶって休眠。ところがどんどん熱が上がり、夜中には39度以上となっていた。まずい〜〜。なぜならば、明日公演の本番があるからだ。早急に回復せねば・・・と。本日は土曜、午前ならクリニックはやっているだろうと、開院時間をめがけて出かける。「すぐに良くなる処方をお願いします。」「隣の県でインフルエンザが発生しましたので念のため検査が必要です。」結果は陰性。速攻でとお願いしましたので、注射か点滴かと思いましたが、薬三種(熱冷ましと抗生物質)とのこと。その日は五島さんも来廊だったので接客の合間に横になる事にした。夕刻には少し熱も下がったようだ。反省点:気力は持続できても、体力は年齢相応。突如として悲鳴をあげ「警告」を発するのでした。こんな不思議な事もあるのかと、webで調べてみた。「疲労による発熱」というのが見つかりました。過労によって自律神経が誤作動をおこす。体温が高温設定され、どんどん上がっていくとのことです。過度の運動なんかも筋肉に熱をもつようです。この薬、強かった〜〜。熱で食欲があるはずがない、でも食後服用だから少しは食べ物を。同時にシクシク胃痛、腹痛。これって薬害。とにかく明日を乗り切りたい。写真は五島彰二さんの墨絵うちわ「鐘馗さま」。熱さましに邪気ばらいとして描いてくださいました。
[PR]
by ysmile | 2011-06-25 14:25 | ■ マイル・ダイアリー | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://yoshiho.exblog.jp/tb/16576183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ナベクミ at 2015-06-11 21:29 x
筋肉疲労で発熱、正に今、私がそうです。
参考になりました。
それでも舞台をこなされたとのこと、素晴らしいです。
私は明後日コンサート。
やりきるしか有りませんが、このコメントで力を頂きました。

鍛えながらも調和した日常を送りたいです。