ブログトップ

milestone Cafe

yoshiho.exblog.jp

MILESTONE ART WORKSの近況とお知らせです。 

「自分の経験がひとつになるよころび」出町睦子さん

c0084954_17325122.jpgc0084954_17323224.jpgc0084954_17315852.jpg女流表具師:出町睦子さん。依頼してあった表具が仕上がり、受け取りに出かけました。「定刻に来るなんて立派ね」と笑顔で迎えてもらいました。着物地や古布をつかった彼女のコーディネートは実に個性的センスが光る仕事です。今回は現代作品を表具していただきました。依頼時の布選び後の仕上がりを確認。OK!一つ仕事終了〜。
写真の愛らしいものものたちは出町睦子さんの作品です。左が直径2センチくらいの小ちゃいお手玉、真ん中は同じ手法で金箔が施されたイアリング、そして右が小さな布を繋げたパッチワーク作品。「最近の小さな作品よ。見せたからにはイアリング一つあげるわ。」これ、いただいたイアリングです。睦子さんのプロフィールを紹介。金沢美大を卒業後(在学中:絵画と陶芸を学ぶ)、独学で表具師に。その後、金箔のタブーといわれる手法を「金箔掻き落とし」として商標登録。近年、この手法を施した布を立体造形し発表しています。平面から立体へ。大きな作品です。現在、大阪丸紅ビルにおいて「鉊珪作?・阿弥陀如来立像」とともにコラボされ展示中。70代後半とのことですが、そうは見えない。自分のやってきたことがようやくひとつになり(作品)うれしいとおっしゃっています。師匠もいないし自由、そして誰にも平等。『あるがまま:来る人拒まず茶と話 今日も直らぬ夜なべ癖 足踏み十分元気よく 寝るのはいつも午前様 ひとり暮らしも十二年 刷毛を手にして五十年』これ私・・・と、額装された自作の句を運んでこられた。来る人拒まず茶と話・・・まったくそうでした。お茶がまたおいしく、お茶うけには「手作りタクアンの刻み」次に「干し柿」。ちょうどお昼にさしかかり「ワッフルと牛乳」、高級食材店の「明太子」つぎに「いくら」。いくらはまだ凍っていましたが、ストーブで少し強制解凍を。高級品はこんなふうに食べる方がいいでしょ、と。彼女もパワフルそしてチャーミング。最後にお手玉のコメントも紹介!『古縮緬、菱形四枚合わせて四合わせ、幸せに。○は月、△は山。縁結びの赤糸をつかって糸継ぎなしで八面形。○月・△山・□宙で思い出を表現しました。』
[PR]
by ysmile | 2012-02-12 19:16 | ■ 素敵な人々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yoshiho.exblog.jp/tb/17448528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。