ブログトップ

milestone Cafe

yoshiho.exblog.jp

MILESTONE ART WORKSの近況とお知らせです。 

珍しきお品たち

昨日は叔父の四十九日法要があった。読経の声もさることながら、ご住職の「お数珠と袈裟」、なかなか珍しいお品だった。故人の本家にあたることで会食の席はおのずと上座、ご住職に一番近くとなりお話のお相手もお役目。その折に「これは?」とお尋ねすると「オリジナル」だった。お数珠はご住職の手製。自ら採取したヒシの実(ご住職用)と国内外で採取した品種の異なる菩提樹の実(若様用)からなり、繋ぐ組紐も自らとのこと。ヒシの実とは、ヒシ(菱 、学名:Trapa japonica)はミソハギ科(クロンキスト体系ではヒシ科)の一年草の水草。池沼に生え、葉が水面に浮く浮葉植物。種子は食用にされる。また忍者が追手の追撃をかわすために撒くまきびし(撒菱)には、難を逃れるということで縁起物とされている(wikipedia)らしい。木の実の採集から仕上げまでには10数年の月日がかけられていた。また、ベーズリー文様の袈裟(若様用)は、お住職がタイへお出かけになった折に求められたタイシルク。お寺の記念法要の折に特注され記念品としてお配りになられてとのこと。このように洒落た袈裟を拝見したのも初めてでした。この首にかけられる簡易袈裟は、法衣にかけられる袈裟を簡略化した形態であり、もともとは袈裟を折りたたんで首にかけられたらしい。ご縁をいただいた機会に私のお数珠を一つお願いした。三回忌までには仕上げることができるだろうか、とのこと。楽しみである。
c0084954_14161570.jpgc0084954_14154770.jpg
[PR]
by ysmile | 2017-02-19 13:48 | ■ 素敵な人々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yoshiho.exblog.jp/tb/26438160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。