ブログトップ

milestone Cafe

yoshiho.exblog.jp

MILESTONE ART WORKSの近況とお知らせです。 

舞踏家・和栗由紀夫氏のご冥福をお祈りいたします。

c0084954_8274875.jpg舞踏家・和栗由紀夫氏の訃報が届きました。新桜町ぎゃらりー時代(1990年に入って間もなくの頃)に企画した美術家・吉江庄蔵氏(被膜彫刻)の展覧会で初めて手がけたアートとライブパフォーマンス「舞踏・和栗由紀夫」コラボレーション。それが和栗さんとの出会いでした。私がギャラリストになって5年目を過ぎ、ようやく市内にいくつかの民間ギャラリーが立ち上がった時代でした。10年間を新桜町ぎゃらりーに勤務しましたが、突飛とのいえる様々なジャンルの企画を実現させていただいたことには大変感謝しています。なかでも現代美術作品と舞踏をコラボレーションさせた展覧会は他に例もなく、舞踏という表現のジャンルを初めて体感した方も多かったと思います。その後、和栗さん(好善社)とのお付き合いは深まり、舞踏公演企画はホールへと移行していきました。1995年・独立し立ち上げたマイルストーンでは「螺旋の夢」、1998年地元の演奏家やワークショップ生とともに1年をかけてつくりあげた県のホールネットワーク事業「舞踏逍遙」など、数々の舞踏公演をともに実現できたことは、富山の人々にとって今でも心に残るシーンとなっていることでしょう。土方巽の「舞踏花伝」をつくりあげられたことも、功績でしょう。以来、もう一度富山で再会できる催しをと、思いつつも実現できずとなってしまいました。和栗さん65歳、19歳で土方巽に師事し46年間の舞踏人生。土方を継承する舞踏哲学と生まれもった美しい身体を生涯ダンサーとしていかしきった。ここ数十年は、学生たちへのレクチャーやワークショップなど、日本の元となる精神性をつたえてくださっていましたね。亡くなる三日前には京都精華大学で「舞踏の現在」と題した舞踏&レクチャーを行っていらしたという。ガンを宣告されてからわずか一ヶ月。モルヒネを打ちながら準備した京都の公演とのこと。なんとあっぱれな、舞踏ダンサーとしての一生でしょう。在りし日の和栗さんが偲ばれます。若くしての旅立ち、残念でなりません。
舞踏家・和栗由紀夫氏のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by ysmile | 2017-10-27 22:37 | ■ 素敵な人々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yoshiho.exblog.jp/tb/28139297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。