ブログトップ

milestone Cafe

yoshiho.exblog.jp

MILESTONE ART WORKSの近況とお知らせです。 

カテゴリ:未分類( 10 )

c0084954_10464476.jpg八尾上新町商店街、マイルストーンの姉妹店「風まかせ」もオープンしてもうすぐ4年目を迎えます。4月から11月までの第二土曜に開催されている「なりひら風の市」。エリアの一部をおかりして若いクラフトマンの青空市「いやさか縁日」を同時に開催させていただいています。3年目になりますね。今年も4月からスタートし、次回は6月11日となります。町家のゆるりとした雰囲気の中での出店となります。のんびりおでかけいかがでしょうね。

◆いやさか縁日
アーツ&クラフト:ガラス、アクセサリー、キャンドルなどなど
フード&ドリンク:フレッシュジュース、オーガニックコーヒー&ドリンク、クッキーなど
その他:タイ式マッサージ、足ツボ屋など

いやさか縁日
https://www.facebook.com/events/1763795030518557/

[PR]
by ysmile | 2016-05-21 10:55 | Trackback | Comments(0)
c0084954_13473172.jpg雪の降り始めそして昨夜、どうするかなあ〜と思案したのでしたが、実家の雪対策をしていなかったことが気にかかり雪降る中を意を決して帰ることにしたわけです。ネット検索では少ない積雪だったはずがすごい!ブルドーザーも入っていない我が家までの道、、なんとか止まらず車庫へセーフ!しかし屋外の水道は凍結、家の中の水道はセーフだったので朝まで水を流がすことにした。さて、遅い夕食の支度をと思いガスをひねる、なんとプロパンガス寒さで火がつかず、、。わ〜〜〜お。今年はコタツをつくったから、ストーブとともに暖をとることに。過酷なサバイバルとなった。
今朝から雪をなんとかしなかきゃ、融雪のポータブルホースを繋ぎ作業を。不覚にもなんと服は水浸し。でもガスがつかない、、。なぜかなあ?。煮炊きはできず、電気炊飯器しかつかえない。人気のない家は、こんな感じだなんですよねえ。
[PR]
by ysmile | 2016-01-20 13:57 | Trackback | Comments(0)
c0084954_18283266.jpg「やっちまった!」日頃からいろんなドジを繰り返していますが、いつかはやるかも〜〜〜の初ドジをご披露。「JR旅券の紛失」の巻。いろんな種類のチケットを手にしますが、紛失で苦い経験をされたかたも多い事と。あらゆる紛失経験は多々ありますが、これはつい昨日ことです。
東京へ方面には乗り換えを要する(JR)。移動には(指定席などを含め)複数枚にわたる切符を所持し改札の度に出し入れすることになります。車内で検札の際にとっさに入れたところを忘れてドタバタあわてることもありますが、今回は改札から車内までの移動中に切符を落としてしまったという事態に遭遇したわけです。場所は越後湯沢。東京からの乗り継ぎの最終特急を利用。乗車券、新幹線の指定席券、在来線の指定席券の3枚を自動改札に通し、出てきた2枚のチケットを握ったままの10分足らずの乗換え。急ぎ足で歩きながら乗換え車両ナンバーを確かめ、車両にのったら座席番号を確認して座る。これが日頃の行動パターン。車両を確認したときには手にあった旅券、座席を確認するときにはない!!「しまった!落としたな」もしかしたらとひとまず車両から降りてエスカレーター下を見に行ったがない、すでに電車は発車寸前、この最終特急を見送ると、後は急行きたぐに(到着は深夜)しかなく、あきらめる・・・。車内はガラガラ、とりあえず後ろの席について車掌さんを待つ事に。そして間もなくあらわれた車掌さんに事情を説明してはみたが「そういわれても、ないという事は、再度購入していただくことになります。」え〜〜。旅券は東京往復フリー切符。購入したときにすでに往復の乗車列車も指定券も購入済み。買った記録はきっと残っているはずなのに、紛失では問題外なのだ。当然と言えば当然なんですが、何のための検札なのか?リザーブ席と空席はわかるはずではないのか?「到着駅で清算してください」とのことだ。再購入をしなきゃとあきらめの境地。今回はとんだ出費になったな〜〜と。越後湯沢駅に落とし物の問い合わせをしようにもほくほく線は携帯がつながらないエリア、とりあえず疲れたからしばし仮眠。JR東日本と西日本の営業エリアは直江津で入れ替わり、車掌さんも運転手さんも交代。車掌さん間で申し送りがあったのか、直江津を過ぎると西日本側の車掌さんが席にやってきた。「切符がないのですね?バックのどこかにあるのでは?」こんどの車掌さんは対応も丁寧。「もちろん何度も調べましたし、バックにしまわずに手に握っていましたので、落としたと確信しています。」今度はかなり詳しく状況を説明。当然の事ながらこちら側には領収書があっても、日付・時間・担当者の署名があってもなんの証明にもならず、紛失処理されるしかないという現実、はがゆさを訴えた。車掌:「気持ちはわかります。しかし、おこらないできいてくださいね。落とした切符を誰かが拾ってすでに換金しているかも、またあなたが換金し紛失したといっている可能性も否定できないでしょ。」え〜〜?。自分で悪用?そういう見方もできるんだなあ。「落としたのは改札からエスカレーターの間ですね。ま、とにかく越後湯沢駅に落とし物を確認してみます。」と去っていった。到着駅のアナウンスがはいってまもなくの事、車掌が私の席へ戻ってきた。「ありました。間に合ってよかったです。はい、これ証明書、改札で切符として渡してください。」ぎりぎりセーフで助かったわけです。世の中デジタル化が発達しているし携帯の所有も増えているのだから、携帯をつかったバーコード認識機能を併用して購入者の証明もできるようにしてほしいものだと。もちろん紛失した方が悪いけど、証明/保証がまったくきかないのでは不公平さがあるように思えるのです。近いうちに電子切符の時代になるかもしれませんね。教訓!切符の紛失は絶対さけねばならない!!そんな再認識の機会となったのです。皆様も気をつけてね。追記:行きはほくほく線が強風のため徐行運転。40分遅れで東京行きの新幹線には乗り継ぎできず。指定席はパアーおまけに打ち合わせ1時間の遅刻ハンディ。遅延の場合は、車内のアナウンスを聞き逃さない事をおすすめします。改札で遅延証明の判をもらうと返金があります。指定金額の半金がもどってきました。本日の占いでは、ハプニングが起こるが、なんとかなると出ていました。あたり!!
[PR]
by ysmile | 2011-11-25 21:48 | Trackback | Comments(0)
c0084954_143626.jpg MILESTONES112号を発行致しました。どうぞご覧ください。新メンバー:グリーン・フィールドさん「Loveletter complex」シリーズが今月からスタートしました。今回は6月のMILESTONE ART WORKS展「五島彰二 陶と絵」のことを書いていただきました。また、薄葉泉秀さん「花ごころ」では、5月に開催された草月・三創会の展覧会の様子を同時にアップしました。次ページ矢印の右側の画像をクリックくださいね。読者コーナーの投稿もお待ちしています。
[PR]
by ysmile | 2010-06-20 14:57 | Trackback | Comments(0)
c0084954_22301011.jpgMILESTONES連載しています得丸公明氏の「現代という芸術」、78号は三鷹天命反転住宅体験入居の記<<言霊の力の源泉は、心臓の鼓動だった!?>>をご紹介していますが長編になっており、別仕立てでご紹介いたします。内容は〜2年前からずっと、荒川修作+マドリン・ギンズの設計した三鷹天命反転住宅に住みたい、住みたいと思っていたそうですが、最近4日の体験入居が実現したそうです。得丸氏らしい〜まか不思議な・・・ものですが、全編は以下をクリックしてお楽しみくださいませ。
得丸公明 三鷹天命反転住宅体験入居の記
[PR]
by ysmile | 2007-09-01 22:43 | Trackback | Comments(0)
c0084954_13584496.jpg週末笠間に出かけました。いつもは、常磐線を使いますが、今回は大宮から車に便乗させていただきました。常磐自動車道を北へ1時間余りでしょうか、車窓からの緑と山藤の紫が美しかったですね。始めての常磐道でしたが都心からのアクセスもスムーズで思ったより近いのにビックしました。アトリエは小高い丘のような山?の斜面にあり、展示は窓からの木々を取り込んだインスタレーションになっていて、金沢21世紀美術館で展示された珪藻土の作品も自然との調和に表情もいっそうやわらかく感じられましたね。新しい試みとして、凍土の作品を型紙におこし浴衣地になっていました。白地に黒・黒地に白、紫地に黒の文様のものが展示されていました。浴衣に仕立てるとまた粋になることと。展覧会は今月28日まで開催されています。
[PR]
by ysmile | 2006-05-15 13:57 | Trackback | Comments(0)
c0084954_16151386.jpg昨晩から雪に変わり、今朝は積雪10㎝。ナガシマはまだスノータイヤの履き替えをしていなかったので、突然の雪になんとか対応できました。桜の開花前には、雪になることも度々ですから、まだ安心して春気分にはなれませんね。
さて、カフェでもご紹介していた鈴木理恵子が弾く 植物文様「ヴァイオリンコレクション2006」のコンサート(会場:東京池袋 自由学園・講堂)が3/29に開催されました。時間の調整がうまくいかず、残念ながらナガシマは行きそこねてしまいましたが、作曲家・藤枝氏よりナガシマご招待枠をいただき、東京近辺の友人達にご紹介し出かけていただきました。昨日は皆様からコンサートの感想がたくさん届きました。ほんとありがとうございました。ちょうど桜が満開になり、ライトアップされた夜桜がとても美しかったそうです。そしてコンサートの余韻を楽しみながら帰路に・・・。写真は、自由学園の桜ですよ。
コンサート感想などは、コラム・MILESTONES61号などでご紹介いたします。
[PR]
by ysmile | 2006-03-31 16:14 | Trackback | Comments(0)
c0084954_1924121.jpg金沢21世紀美術館・珪藻土プロジェクトの関連企画がいよいよ始まりました。
春先から準備を始めていましたが、アッという間の夏に・・・。打ち合わせに金沢も珠洲へも随分と通っているわけでありまして、ついに車にはETCをつけました。高速バスで金沢が便利でリーズナブルではありますが、会議時間が最終バスに間に合わないことが多いため残念ながら使えない次第でね。
写真は8月1日に珠洲市・飯田小学校4年生クラス30数名のワークショップ風景です。講師は、陶芸家・藤井一範氏、金正逸氏そしてアドバザーとして金沢美術工芸大学・大学院生5名により行われました。テーマは発見!体験!ケイソウ土!「現代によみがえる未知の「巨大プランクトン」が生きる海底を創造しよう!」でした。普段はタブーとされている電気ドリル・ノミ・のこぎりなどを使い、珪藻土の塊を崩していきます。グループ制作で、畳一枚分のベースに水で柔らかくした珪藻土を塗り、それぞれの未知なる生物を配置し創造の海底をつくりました。17日・18日はこれらの作品をみんなで野焼きして仕上げ、10月8日からの金沢21世紀美術館の珪藻土:古代からのおくりもの」展で展示されます。1200年万年のロマン「珪藻土」にナガシマも夢中です。
[PR]
by ysmile | 2005-08-02 19:02 | Trackback | Comments(0)
c0084954_1255393.jpg
年末にMILESTONES46号をアップしました。
お楽しみ下さいね。多少遅れてのページもありますので、近々完成の予定です。
MILESTONESも今月で4年目に入ります。
休眠中の筆者もありますが、遅れ遅れになりながらも継続できたのは
筆者のご協力があってのものと、感謝しています。
読者の皆様の感想などもいただけると、嬉しいのですがね。
いろんなご意見等、このcafeコーナーに書き込みくださいね。待ってます。
MILESTONES46号はこちらをクリックしてね。コラムMILESTONES46号
[PR]
by ysmile | 2005-01-06 12:05 | Trackback | Comments(0)
c0084954_12171525.jpg11月から3月まで鏡花関連企画が数多く・・・
昨日は講座「鏡花を知ろう」シリーズの最後をかざるバスツアーが終了したわけです。
当初40名の定員を設定しましたが、殺到・・・ かなりの人数をお断りし、主催者はバス2台で・・・とおっしゃいましたが ほとんどが歩きの行程 しかも細い路地且つ天候不安定の12月・・・ ついには2回に分けての開催になったわけでして・・・。
ナガシマの仕事は、段取りした企画内容を速やかに無事に終えるための添乗員。ルートづくりから昼食の店探し・メニュー決め・部屋割り、配布資料の構成作成、準備品リスト、当日は時間微調整、進行上の漏れチェックとフォロー等々・・・当日の押さえどこの一つとしては、お話が始まるとなかなか終わらない和尚様の話を何処で切るか・・・傷つけず気づかれずといった具合でしょうか。まあ2日とも大きな失敗がなかったことを良しとせねば。
●おまけとして収穫になったこと。昨日は天候も良く余裕もあったので、自由行動を設定した「ひがしの茶屋街」を参加者とも主催者とも開放され、すみずみまで再チェック(下見で端折った)できたことかな。メインストリートの新しい店は確認済みでしたが、裏通りの老舗(古い店)の方が私好みなのです。乾物屋さんと隣の三味線製造のお店その界隈がいいね〜。次の企画の際にお役に立つわ〜と抹茶付き三味線体験¥300のコースを自ら体験。他にはお客さんもなし・・・。女将さんが段取りよくお教え下さるのですが・・・ 練習曲「さくらさくら」。「初体験でも みなさん すぐにお出来になられますよ・・・」。そんなうまくはいきません。 てなわけです。
[PR]
by ysmile | 2004-12-10 12:16 | Trackback | Comments(0)