ブログトップ

milestone Cafe

yoshiho.exblog.jp

MILESTONE ART WORKSの近況とお知らせです。 

カテゴリ:■ 公演( 5 )

c0084954_16144242.jpg先週末友人からのご相談で急遽「舞踏公演」を開催することになりまして。舞踏家は屋久島在住のふじえだむしまる氏。2月は名古屋の公演もあり、2/4から屋久島を発ち、名古屋、美浜、四日市、伊勢、岐阜、高山を経て富山入り。以降、金沢大阪、福岡と続く「カラダひとつの踊り旅」となります。マイルストーンの舞踏主催は20年ぶり、初めての踊り手との出会いですが、皆様とともに鑑賞できればと思います。

FB虫丸イベントページ

■2016.2.16(火)19:00開場/19:30開演
藤條虫丸(ふじえだむしまる)カラダひとつの踊り旅 2016 in Toyama
舞踏LIVE「天然時間」

・定員:20名余(先着順で定員締め切りとさせていただきます)
・チケット:¥2000

内容:舞踏ライブ、トーク&ミニワークショップ

■プロフィールふじえだむしまる
舞踏家・ダンサー・振付家・演出家。
ソロ活動他、演出・製作・振付・ワークショップ等内外で 活躍。旅と芸をないまぜに、天と地、生と死、時空間そのものを自らの舞台とするダンススタイルは「天然肉体詩」という独自
の世界を作 り上げ老男若女を間わない幅広い層の人々に鮮烈な 印象と根源的な感動を与えている。異分野・ 海外アーティストとの交流・共演も数多く世界中にファンや支援者を持つ。「生きとし生けるすべてのものに、慈しみを感じながら、全身全霊をかけて謳いあげる生命賛歌」を永遠のテーマに、ゆるやかに旅する天然肉体詩人。その旅はいつもあらゆる人・もの・風景を巻き込みながら一瞬の風のように吹き抜け、あざやかな美しい風紋だけを後に残して消えてゆく。2004年より屋久島に移住、半農半芸のライフスタイルを通して、日々繰り返される天然自然の営為をみつめつつ心身に心地よい遊び暮らし=アートライフを模索中。

主催:マイルストーンアートワークス
共催:押切基之デザイン室

写真:KoPAS
[PR]
by ysmile | 2016-02-01 16:13 | ■ 公演 | Trackback | Comments(0)
c0084954_2315599.jpg
今月「落語会」を開催します。無料企画ですのでこの機会に落語にふれてみませんか。
日時:2015年6月14日(日)16:30〜開演
会場:富山県八尾町上新町商店街・井山呉服店
参加:限定30名(要予約)info@milestone-art.com
世話人:「風まかせ」MILESTONE ART YATSUO
協力:富山市八尾山田商工会、上新町商工振興協同組合

Facebookページ■MILESTONE ART WORKS
Facebookページ■町屋で落語会ページ
[PR]
by ysmile | 2015-06-02 23:17 | ■ 公演 | Trackback | Comments(0)
c0084954_1239634.jpg日曜日に砺波市出町子供歌舞伎曳山会館において「ささら語りと琵琶語り」公演がありました。心配していた熱も薬のおかげである程度下がり、胃痛を我慢しながらなんとか一日もちました。演奏者が二人なので当日の仕込みもさほど大変ではないのですが、午前9時入りで客席づくり、サウンドチェック、舞台のしつらい、照明/音響、場当たり、軽い進行リハーサルを終えました。豪華なお弁当も体調のせいでノドも通らず、開演を待つばかり。おかげさまで客席も満席に近い状態。演奏の評判もよくほっとしています。帰宅後、休息をとりながら公演後求めた水上勉氏とよこやま光子さんの共著「五説教」を読んでみました。今回のお題目の「さんしょう太夫」をはじめ、「をぐり」「かるかや」「しんとく丸」「しのだ妻」どれも結構残酷な物語なのだなあ。
追伸:本番後、薬をやめました。結果胃痛はどこかへ。どうして胃薬がついてこなかったのか?強い薬ですとの説明もなかったし、ちょっと不信感。
[PR]
by ysmile | 2011-06-28 12:37 | ■ 公演 | Trackback | Comments(0)
c0084954_14512399.jpg6月に入りました。花菖蒲や露草、シランなど紫や赤紫の花が多い季節です。そろそろ紫陽花も咲き始める頃です。
今月26日に砺波市において「ささら語りと琵琶語り」の公演を開催します。『ささら語り』にふれる機会がなかなかありませんのでおすすめしたいです。『ささら語り』はよこやま光子さん(小金井在住)。間の手にささらを鳴らしながら説教節を語り伝えます。説教節は江戸時代後期には三味線をつかって語られた芸能でした。神仏がかつて人間だったころどうやって苦しみを乗り越え、神仏となったかの由縁をとく語り物です。街角や縁日などでは大道芸や門付芸人などを鑑賞することが当時の人々の娯楽となっていました。また語り物は日頃のふるまいかたやありかたを説いていたのでしょう。またよこやまさんは作家・水上勉さんとの交流からの共著『五説経』が出版されています。『琵琶語り』は薩摩琵琶・寺本拳嶺さん。寺本さんには何回か公演をお願いしていますので、聴いてくださっているかたもいらっしゃると思います。琵琶といっても日本にはいろんな琵琶があります。雅楽でつかう楽琵琶、楽琵琶から派生し平家物語の語り物「平曲」に使われている平家琵琶。薩摩琵琶は仏教儀式に使われていた盲僧琵琶から改良され、武士の倫理や戦記・合戦物を歌い上げる演奏に向いた構造となったようです。寺本さんの琵琶は、薩摩琵琶でも大きいほうだそうです。楽器の音色もさうことながら、蒔絵や漆を施した本体は工芸品としても美しいですね。どうぞこの機会にお二人の競演をお楽しみくださいますよう。お出かけお待ちしています。

■■■ささら語りと琵琶語り■■■
出演:よこやま光子(ささら語り) 寺本拳嶺(薩摩琵琶語り)       
日時:2011年6月26日(日)14:00開演 ( 13:30開場)
会場:砺波市出町子供歌舞伎曳山会館
会費:¥1000

公演詳細ページ
[PR]
by ysmile | 2011-06-05 15:49 | ■ 公演 | Trackback | Comments(0)
c0084954_12242195.jpgMILESTONE制作公演3回目となります福岡公演 植物の形姿シリーズ。会場は昨年に引き続き住吉神社・能楽殿。今回は鈴木理恵子さんのヴァイオリンと石川高さんの笙をソロとデュオの演奏になります。新作に加え福岡初演の編曲でご紹介します。洋楽器のヴァイオリンと和楽器の笙、藤枝さんならではの組み合わせ。二つの楽器のハーモニーは、ほんと不思議。入り組みながら文様が紡がれてゆく。楽器の音色が融合し、どの音色がどの楽器で演奏されているのかわからなくなるほど・・・。きっと公演日は境内の桜も見頃となってることでしょう。夜桜、そぞろ歩き、春の夜。お席もまだご用意できますのでこの機会に、文化財空間である能楽殿でのリサイタルへどうぞお出掛けください。


■■■植物の形姿 其の三 鈴木理恵子ヴァイオリン・リサイタル「植物文様を弾く」
■日時:2010年3月30日(水)19:00開演(18:30会場) 21:00終了予定
■会場:住吉神社・能楽殿  福岡市博多区住吉3-1-51、tel:092-291-267

■出演:鈴木理恵子(ヴァイオリン)、石川高(笙)
■曲目:植物文様シリーズ(藤枝守作曲)から
    第14集(ソロ・ヴァイオリンのための) 
    第21集(ソロ・ヴァイオリンのための)〜新作初演
    ヴァイオリンと笙のためのデュオ・コレクション no.1、no.2 

■チケット:前売り-一般/¥3,000 当日-¥3,500 、学生-¥2,000

申込みフォーム
[PR]
by ysmile | 2010-03-13 12:42 | ■ 公演 | Trackback | Comments(0)