ブログトップ

milestone Cafe

yoshiho.exblog.jp

MILESTONE ART WORKSの近況とお知らせです。 

LIVING ART in OHYAMA 2009

c0084954_17434713.jpg8/29・30と開催されいた大山町(富山市)LIVING ART に出かけました。会場は大山町・大庄地区コミュニティーセンター。内容は、各種ワークショップ(建築、絵本をつくろう、紙袋を折りかえる、木でできた冒険道具、親子で料理等々)、フリーマーケット(ガラス、木工、ペーパークラフトなど)、木工コンペ、コンサート、スペシャルレストラン・・・。ナガシマは本日10:00からの基調講演「三つ星料理人が富山の旬を料理する」に参加。この三つ星レストランは、神楽坂にある「石かわ」の石川秀樹さんによるものでした。こちらのコミュニティーセンターを設計された建築家・広谷純広さんとフードディレクター・奥村文絵さんのトークを交えて、五品のメニューを手早く調理。一品目は、鰺・キュウリ・ミョウガの海苔酢がけ。浅草海苔を水でしんなりさせ、合わせ酢(クズでとろみをつけた)をかける。この海苔酢は大変参考になりましたね、大根サラダや他の季節野菜で応用できそう〜。二品目は、白エビの塩昆布和え。三品目はトマトと白ごまのやわらか胡麻豆腐。胡麻豆腐は型に入れて固めるのではなく、少し固めのペースト状にした豆腐に湯むきトマトをトッピング。四品目はそば粉の揚げだし。出来たての蕎麦がきを高温の油で揚げてだし汁をかける。五品目は葱ご飯。どの料理も素材を生かし、しかも素早く出来る品ばかり。うれしいことに自宅でもできそうなメニューでした。やはり難しいところは出汁と厳選された調味料、調理のタイミングかと。お店では下ごしらえはするが、つくりおきはしないとのこと。最後の仕上げはお客様の食事のタイミングにあわせて調理し、最後に「美味しい!」と、ぐっと気を入れてお出しするそう〜〜。会場にはテーブルに電磁コンロ、調理の手元はビデオカメラをつかってモニターで確認できるしつらえ。こういった講演は最前列に限る・・・。試食もあり、幸運にも五品中の四品をいただきました。やはり基本は、素材の鮮度と質の良い調味料をつかうことですね。酢は京都「千鳥」、胡麻油「せきね」、クズ「吉野」といったところ。直接食する調味料、たとえば葱ご飯では葱を油で炒めるわけですが、油の臭みがでない油をつかうことでした。建築家・広谷純広さんは「石かわ」の設計を手掛けてらして、サービス導線での廊下の幅など現場からの要望を建築デザインに反映させたそうです。味も空間もサービスも一流、不況知らずの「石かわ」は1ヶ月先まで予約がいっぱいとのこと。料理はコースのみ、¥25000〜くらいとか。行ってみたいな〜〜。
[PR]
by ysmile | 2009-08-30 18:38 | ■ 気まぐれトピックス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yoshiho.exblog.jp/tb/12225167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。